/

トランプ氏、経済成長「年4%可能」 減税・規制緩和で

【ニューヨーク=平野麻理子】米共和党の大統領候補のドナルド・トランプ氏は15日、ニューヨーク市内で講演し、自身の経済政策により「(米国の経済)成長率は年4%に達することが可能で、2500万人分の新しい職を生み出す」と主張した。大規模な減税や規制緩和に加え、通商政策の見直しで高い成長を実現する考えを示した。

トランプ氏は「多くの企業が高税率のせいで国外に出て行っている」と指摘。すでに表明している所得税の税率区分を減らす案や、法人税率を現行の35%から15%へと引き下げる案を改めて説明した。トランプ氏によると、最低でも年3.5%の成長率が達成でき、4%成長も目指せるという。

雇用の国外流出に歯止めをかけるため、環太平洋経済連携協定(TPP)からの離脱や、北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉を提案。前日にメキシコへの小型車の生産移転を説明したフォード・モーターを例に出し「このような行為を許してしまう(現在の)政治家は恥ずかしい」と批判した。一方、フォードのマーク・フィールズ最高経営責任者(CEO)は15日のテレビ番組で、今回の移転で「誰一人として仕事を失わない」と反論した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン