トップ > 特集 > 経済 > 記事

低格付け債ファンド 原油安、米で清算相次ぐ
エネルギー・素材企業多く 金融市場の波乱要因に

2015/12/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ニューヨーク=山下晃】信用力が低い分、利回りの高い低格付け社債の市場が混乱している。発行企業の多くがエネルギー・素材関連で、原油安への懸念から価格が急落しているためだ。同社債に投資する投資信託やヘッジファンドの清算が相次いでおり、米連邦準備理事会(FRB)の利上げが予想されるなか、金融市場の波乱要因になっている。

「次はどこだ」。米ヘッジファンドは低格付け債に投資する投信やファンドの総点検に追…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]