/

「過小評価はいけない」 オバマ氏がトランプ評

【ワシントン=鳳山太成】オバマ米大統領は13日放映の米CBSテレビのインタビューで、後任のトランプ次期米大統領について「型破りな大統領候補だった」と振り返った。そのうえで「米国の第45代大統領になる人間であり、過小評価してもいけない」と述べ、トランプ氏の大統領としての手腕を冷静に判断すべきだとの考えを示した。今後に関して「選挙中のスタイルで政権を運営できるとは思わない」とクギを刺した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン