2019年9月22日(日)

核の脅威、米にも 北朝鮮が新政権瀬踏み

2017/2/14 2:30
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ソウル=峯岸博】トランプ米政権発足後、北朝鮮が初めて弾道ミサイルを発射した。米国を核の脅威下に置き、対米交渉を狙ってトランプ大統領を瀬踏みする意図が透ける。核武装によって金正恩(キム・ジョンウン)委員長体制を守る国家戦略は揺るがない。次の一手には米本土を射程に収める大陸間弾道ミサイル(ICBM)の試験発射がささやかれる。

北朝鮮メディアは「地対地型中長距離弾道ミサイル」試射の成功を、2日続けて…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。