/

この記事は会員限定です

迎撃システム、韓国南部に配備 米軍施設の防衛重視

ソウルは対象外 中国の「報復」懸念

[有料会員限定]

【ソウル=峯岸博】在韓米軍と韓国軍は13日、北朝鮮の核・ミサイルに対抗する米軍の地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)の配備先が韓国南部・慶尚北道の星州(ソンジュ)に決まったと発表した。射程には米軍基地や施設を数多く含む。ソウルなど首都圏の大部分は外れる。韓国内では中国による報復への懸念が強まっている。

「国土全体の2分の1から3分の2の地域に住む国民の安全をさらに強固に守る」。韓国国防省の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り728文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン