/

この記事は会員限定です

トランプ氏と隔たり 閣僚候補、承認へ発言慎重

上院公聴会

[有料会員限定]

【ワシントン=川合智之】20日発足するトランプ次期米政権で外交・安全保障を担当する閣僚の承認に関する上院公聴会が12日までに開かれた。各候補はロシアへの警戒などを巡り米政策の大枠を引き継ぐ穏当な発言に終始した。閣僚指名の承認を優先する「安全運転」に徹したが、トランプ氏の従来の主張との食い違いが鮮明で、政権運営の火種になりそうだ。

「現在のロシアは脅威だ」。国務長官に指名されたエクソンモービルのレッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り744文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン