トップ > 特集 > 経済 > 記事

市場は引き締めペース注視 米、9年ぶり利上げ判断へ
イエレン氏「金利上昇緩やかに」

2015/12/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ワシントン=河浪武史】米連邦準備理事会(FRB)は15~16日に開く米連邦公開市場委員会(FOMC)で9年半ぶりの利上げを検討する。2008年のリーマン・ショック以降の大規模緩和は終幕が近づき、世界の投資マネーの流れを変える転換点となる。市場の視線は為替相場などを左右する今後の引き締めペースに移り、イエレン議長の中長期的な政策スタンスが問われている。

FRBはリーマン危機後の08年12月にフェ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]