トップ > 特集 > 内政 > 記事

北京の大気汚染、3億人に影響 一部企業は在宅勤務

2015/12/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【北京=永井央紀】北京市では最も深刻な大気汚染警報「赤色警報」が発令されており、9日も一面の白いスモッグに包まれた。交通規制や工場の操業規制でも改善はみられず、中国の英字紙チャイナデイリーは3億人に影響が及ぶと報じた。一部企業は在宅勤務に切り替えるなどの対策を講じた。10日昼には風が強まるとの予報で、空気中の汚染物質が拡散されるとみられているが、赤色警報はそれまでは続く見通しだ。

北京市の大気汚…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]