トップ > 特集 > オバマ外交 > 記事

米、ミャンマー制裁を緩和 港湾など物流分野、貿易を促進
総選挙1カ月、新政権を側面支援

2015/12/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ヤンゴン=松井基一】米財務省は7日、ミャンマーへの経済制裁を一部緩和した。これまで認められなかった米国企業による大規模港湾などの利用解禁が柱で、両国間の貿易促進につなげる狙いだ。11月の総選挙で大勝したアウン・サン・スー・チー党首率いる国民民主連盟(NLD)の新政権樹立を支援する思惑もある。ミャンマー投資の障害だった米国の制裁緩和は、外資のミャンマー進出の追い風となりそうだ。

米国は従来、旧軍…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]