難民割当制 中・東欧は反発
異文化に警戒感強く EU、9日提案

2015/9/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ベルリン=赤川省吾、ブリュッセル=森本学】欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長は9日、難民の受け入れ分担を加盟国に義務付ける内容の対策を提案する見通しだ。ドイツなど西欧諸国の一部は受け入れ拡大の姿勢だが、スロバキアをはじめとする中・東欧諸国は激しく反発する態度。グローバル化の経験が浅く、異文化への警戒心が強いためだとみられる。提案は14日のEU緊急内相・法相会議で議論するが、結論に至るまでには…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]