独、再生エネ3割超す 脱原発決定5年、転換進む

2016/6/7 3:30
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【フランクフルト=加藤貴行】ドイツ政府が2022年までの脱原発を閣議決定し、6日で5年を迎えた。国内の発電量に占める原子力発電所の比率は10年の22%から15年に14%まで低下、電力大手は事業モデルの組み替えを急ピッチで進める。再生可能エネルギーの比率は30%を超え、課題の石炭火力依存度は少しずつ低下した。脱原発は順調にみえるが、廃炉の進め方など課題も残る。

「消費者に向いたビジネスモデルに転換…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]