トップ > 特集 > 対米外交 > 記事

習氏、対米傾斜けん制 中国主席9年ぶり訪越
ベトナム側「軍事より開発推進を」

2015/11/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ハノイ=富山篤、北京=永井央紀】中国の習近平国家主席は5日、ベトナムを訪問し、グエン・フー・チョン共産党書記長らと会談した。南シナ海の領有権問題やインフラ建設などの協力強化について協議した。経済協力での合意文書署名や議会演説なども予定。米国が対中強硬姿勢を強めるなか、ベトナムとの対立緩和を図って対米傾斜をけん制する狙いがある。

中国の国家主席の訪越は2006年の胡錦濤氏以来9年ぶりで、習氏の国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]