緊迫 北朝鮮

フォローする

対北朝鮮、追加制裁急ぐ 11日採決めざす 安保理

2017/9/5 15:30
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=高橋里奈】北朝鮮の核実験を受け国連安全保障理事会が4日に公開で開いた緊急会合で、米国のヘイリー国連大使は新たな追加制裁決議案を近く配布し、11日の採決を目指す意向を表明した。安保理外交筋によると決議案は5日にも配布される見通し。北朝鮮への石油禁輸といった強力な措置が焦点となるが、対話路線を堅持する中国とロシアが賛同するかは不透明だ。1週間という短期間での協議は難航も予想される。

4日、国連安保理で米国のヘイリー国連大使は「最強の制裁措置」を主張した=AP

会合でヘイリー氏は「可能な限り最強の制裁措置を採択しなければならない」と主張。日本の別所浩郎国連大使も「これまでの制裁は十分ではなく、さらに強力な制裁が必要」と訴えた。

5日にも配布される米国の新たな決議案には、石油禁輸や北朝鮮からの出稼ぎ労働者の受け入れ規制強化、繊維製品の禁輸などが盛り込まれる方向だ。安保理の一部の大使らは5~9日に議長国エチオピアを訪問する予定で、帰国後の11日に採決する見通し。

だが、常任理事国として拒否権を持つ中国やロシアは慎重な姿勢を崩していない。

中国の劉結一国連大使は会合で追加制裁について一切触れず、対話の必要性を繰り返し主張。現行の制裁を「国際社会が十分に包括的に履行することを求める」と述べるにとどめた。

ロシアのネベンジャ国連大使も緊急会合後、記者団に対し、「制裁だけではどのような禁止措置が導入されたとしても問題解決にはならない」と強調。米国の決議案に「何が盛り込まれるか見ないといけない」と語り、ロシアの経済的利益に関わる事項が入れば反対する可能性を示唆した。

新たな制裁決議の採決に向け、主要国首脳も調整を続けている。トランプ米大統領は4日、ドイツのメルケル首相との電話協議で、北朝鮮への追加制裁を念頭に国連の場で緊密に連携することで一致した。

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は4日、ロシアのプーチン大統領と電話協議した。文氏は「原油供給の中断、労働者の受け入れ禁止など北朝鮮の外貨収入源を根本的に遮断する案を安保理で検討しなければならない」と働きかけた。一方、プーチン氏は北朝鮮の核実験を糾弾したBRICS首脳会議の宣言文でも「北朝鮮の核問題は外交で解決できると合意した」と述べ、追加制裁への明言を避けた。

別所氏は緊急会合後、記者団に対し「各国それぞれの受け止め方が一律ではないのは当然だ」と語り、中ロとの立場の差を認めた。「最強の制裁措置」(ヘイリー氏)を模索する日米韓に中ロが同調する見通しはたっておらず、協議は難航しそうだ。

緊迫 北朝鮮をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

電子版トップ特集トップ