中国、先進国企業に照準 知財・ブランド狙う
国内成長鈍化に懸念も

2016/2/4 3:30
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【北京=阿部哲也、チューリヒ=加藤貴行】中国企業が海外で買収攻勢を強めている。標的になっているのが、先端技術やブランドを持つ先進国企業だ。これまで資源分野に集中していた買収対象は製造業や金融、不動産に広がってきた。「産業の高度化」を国策に掲げる習近平指導部の意向が働いている。だが摩擦をいとわず対外投資を急ぐ背景には、国内経済の成長鈍化に対する不安もにじむ。

「農業分野の世界競争を勝ち抜く。両社が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]