トップ > 特集 > 内政 > 記事

習氏、軍掌握をアピール 500以上の兵器公開

2015/9/3付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【北京=永井央紀】中国は3日の軍事パレードで、過去最多の7種類のミサイルを公開した。米国を射程に収める大陸間弾道ミサイル(ICBM)などが登場し、合計500以上の兵器が登場。このうち「84%が初公開」という。近代化を進めた軍事力を国内外に誇示するとともに、習近平国家主席の軍内の掌握をアピールする狙いだ。

パレードは兵士1万2000人、50隊列で構成。中央軍事委員会主席を務める習氏が閲兵した。中国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]