トップ > 特集 > 内政 > 記事

小包爆弾 無差別に宅配 中国南部自治区で1日にも爆発
当局テロ否定

2015/10/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【上海=土居倫之】中国南部の広西チワン族自治区で起きた連続爆発事件で1日、再び爆発が起きた。本来祝賀ムードが広がるはずの国慶節(建国記念日)前後に小包爆弾を無差別に宅配するという手法が中国社会に衝撃を与えており、中国政府は情報統制を強化している。社会不安の拡大を抑え込む必要があるためだ。地元郵便局は3日まで宅配業務を中止することを決めた。

1日早朝、前日に続き爆発事件が起きたのは同自治区柳州市の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]