/

この記事は会員限定です

銀行株安、日米に波及 欧州不良債権問題や金利低下も重荷

リスク拡散に懸念

[有料会員限定]

英国が欧州連合(EU)離脱を決め、英国・欧州だけでなく日本や米国でも銀行株への売りが広がっている。6日の東京株式市場では三菱UFJフィナンシャル・グループやみずほフィナンシャルグループが年初来安値を更新。米銀各行の株価も下げている。英国・欧州発の不安がグローバル化した金融取引を経由して波及するリスクが意識されている。

英国がEU離脱を決めた国民投票の結果が判明する前の6月23日と比較するとグローバ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り673文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン