金融庁、貯蓄から投資後押し

2014/10/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

個人が保有する投資信託の純資産残高は6月末時点で約82兆円。アベノミクスによる円安・株高で前年同期から14%増えたものの、金融資産全体の5%にすぎない。53%を現預金が占める。金融庁は投信の仕組みを個人が理解しやすいようにすることで、貯蓄から投資を後押しする狙いだ。

公募株式投信の約6割を占める毎月分配型は退職後に定期収入を求める高齢者に一定の需要はあるものの、「分配金の仕組みが分かりにくく消費…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]