IMFの古沢副専務理事「トランプ政策、日本も恩恵」

2016/12/1 2:30
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

国際通貨基金(IMF)の古沢満宏副専務理事は30日、日本経済新聞のインタビューでトランプ次期米大統領の経済政策について、「インフラ整備や雇用の確保に力点を置くのはポジティブだ」と評価した。米景気拡大を通じ、日本にも恩恵が及ぶとの見方を示した。

古沢氏はトランプ氏の打ち出した大型減税や財政出動といった公約を歓迎する一方、「財政の持続性をどう維持するのかは極めて重要な課題だ」とも指摘。米財政の持続性…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]