2019年8月20日(火)

国内景気にふらつき 消費支出実質減

2016/3/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

国内総生産(GDP)の6割を占める個人消費を中心にした国内景気のふらつきが、政府の消費増税の判断を難しくしている。個人消費の指標である消費支出は実質ベースで6カ月連続のマイナスを記録。新興国を中心にした海外経済の減速で、輸出も弱含んでいる。

総務省が29日発表した2月の消費支出はうるう年で1日多かった分を調整、物価変動の影響を除いた実質でみると前年同月比1.5%減だった。

うるう年の影響を調整し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。