2019年6月25日(火)

大企業の健保、4分の1が解散危機 25年までに
健保連試算、高齢者「支援金」増で

2017/7/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

2025年までに大企業の健康保険組合の4分の1は財政悪化で解散の危機に追い込まれる――。健康保険組合連合会(健保連)がまとめたこんな内部試算が明らかになった。高齢者向け医療費を補填するための「支援金」が急増するのが主因だ。保険料率が加速度的に上昇していく恐れが高く、高齢者の負担適正化やムダ排除など医療費抑制の議論が避けて通れない。

東北地方のある企業は高齢者医療向け支援金の割り当て増で保険料率が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

負担の適正化、不可避[有料会員限定]

2017/7/15 2:30

健康保険組合とは[有料会員限定]

2017/7/15 2:30

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報