/

この記事は会員限定です

野党、「森友」追及を長期化 党首討論や集中審議要求

[有料会員限定]

2017年度予算が27日に成立し、民進党など野党による学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地の格安売却問題の追及は、衆参両院の関係委員会に移る見通しだ。安倍晋三首相と民進党の蓮舫代表による党首討論や、衆参予算委の集中審議なども開くよう与党側に求める。首相を追い込む決定打に欠くなかでも、国会で問題を取り上げ続けることで政権の体力を低下させる戦略に望みをつなぐ。

「これからまだまだ聞かなければいけな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り772文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン