/

この記事は会員限定です

「森友」問われる説明責任 政権の火種、なお消えず

[有料会員限定]

日本経済新聞の世論調査で、学校法人「森友学園」への国有地売却問題をめぐり政府側の説明に納得できない人が7割を超え、政府は引き続き説明責任を問われそうだ。内閣支持率は2月に森友問題の発覚を受けて低下。学園の籠池泰典氏の証人喚問など新たな動きは現時点では大きな影響を与えていないが、真相究明に向けて政権へのリスクはなお消えていない。

国会では野党が「森友学園」の問題で追及を強める構えで、内閣支持率への影...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り927文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン