/

この記事は会員限定です

日本、英EU離脱問題でG7結束確認へ

外務次官を派遣 米欧で高官協議

[有料会員限定]

政府は26日、英国の欧州連合(EU)離脱問題を米欧外交当局と協議するため、杉山晋輔外務次官を米欧に派遣した。まず米国と主要7カ国(G7)の議長国として、英国のEU離脱に伴う問題でG7の結束を確認したい考え。28日からはEU本部があるベルギーのブリュッセル、ロンドンも相次いで訪れ、離脱問題への対応を話し合う。

ワシントンでは27日にブリンケン米国務副長官と会談する。EUと英国ではそれぞれ外交当局者と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り719文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン