2018年10月19日(金)

中国戦闘機、沖縄・宮古海峡の上空通過
空自機が緊急発進

2016/9/26 3:30
保存
共有
印刷
その他

【北京=永井央紀】中国空軍の申進科報道官は25日、戦闘機「スホイ30」など40機以上の軍用機が沖縄県の沖縄本島と宮古島の間の宮古海峡上空を通過し、西太平洋で訓練したと発表した。防衛省は航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)したと発表。通過した空域は公海上空で領空侵犯はなかった。中国の戦闘機が宮古海峡上空を通過したのは初めて。

中国空軍によると、訓練に参加したのは戦闘機「スホイ30」、戦略爆撃機「轟6K」、空中給油機、情報収集機など。これとは別に、中国軍機は東シナ海上空の中国が防空識別圏と主張する空域でも戦闘機などがパトロール飛行をした。中国メディアが伝えた。

防衛省は戦闘機とみられる航空機を含め軍用機8機の通過を確認したとしている。中国側が40機以上としている軍用機をすべて確認したかは明らかにしていない。

中国軍機は東シナ海から太平洋に抜け、再び東シナ海に戻るなど沖縄上空で往復飛行をした。宮古海峡の上空では昨年11月に中国軍の爆撃機が通過した事例などがある。戦闘機の通過は初めてで、防衛省は「特異な事例」(統合幕僚監部)として警戒を強めている。

中国軍用機への空自戦闘機のスクランブルは今年1~6月に397回と前年同期より92%増えた。防衛省関係者は「中国軍用機の東シナ海での活動範囲が広がってきている」と話している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報