/

この記事は会員限定です

中央アジアで資源確保・中国けん制狙う

首相、5ヵ国歴訪「地域協力の触媒に」

[有料会員限定]

【アシガバート〈トルクメニスタン首都〉=福岡幸太郎】安倍晋三首相がトルクメニスタンを手始めに中央アジア5カ国を歴訪している。日本の首相が5カ国すべてを訪問するのは初めてだ。首相は各国でトップセールスをかけ、日本企業の事業拡大をめざす。背景には、経済関係の強化を資源の安定確保につなげるとともに、同地域で影響力を増す中国をけん制する狙いがある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1100文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン