/

この記事は会員限定です

消費 確信なき回復 政府景気判断半年ぶり上げ、家計なお節約志向

[有料会員限定]

政府は22日、月例経済報告を話し合う関係閣僚会議で、景気の基調判断を6カ月ぶりに上方修正した。個人消費の堅調さを評価したもので、世界経済の回復を受けた企業業績の改善がようやく家計にも波及したとみる。だが、消費の強さはなかなか実感できない。当の政府ですら消費の勢いに自信を持てずにいる。景気の先行きは消費持ち直しの持続力が左右しそうだ。

6月の基調判断は「緩やかな回復基調が続いている」とし、前月までの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1214文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン