与野党、冒頭解散巡り応酬 臨時国会28日召集決定
野党批判「憲法違反の疑い」

2017/9/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

政府は22日の持ち回り閣議で、臨時国会を28日に召集すると決めた。安倍晋三首相は臨時国会冒頭で衆院を解散する意向だ。野党は憲法に基づいて国会召集を要求していたのにもかかわらず、首相が質疑をせずに解散するのは違憲の疑いがあると批判。10月10日公示―22日投開票予定の衆院選の前哨戦として、冒頭解散の是非が与野党の争点になっている。

首相は22日深夜、国連総会出席のため訪れていたニューヨークから政府…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]