点検 日本経済

フォローする

児童手当、高所得層向け特例廃止を議論
18年度予算編成 政府、保育所増設の財源に

2017/4/21 2:30
保存
共有
印刷
その他

政府内で2018年度予算編成に向けた社会保障改革の議論が本格始動した。20日の財政制度等審議会では、今後計画される保育所増設の財源として、高所得世帯を対象にした児童手当の特例措置を廃止する案が浮上した。予算編成では医師や介護事業者の報酬を決める診療報酬と介護報酬の改定も大きな焦点で、財務省はできるだけ報酬を抑えたい考え。膨れる社会保障費の抑制には構造改革も欠かせない。

財制審が20日、社会保障改…

点検 日本経済をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

電子版トップ特集トップ