/

輸出、2年ぶり増 1~6月9.5%、アジア好調

財務省が20日発表した1~6月の貿易統計速報(通関ベース)によると、輸出額は前年同期比9.5%増の37兆7873億円だった。2015年上期以来、2年ぶりに前年同期を上回った。アジア向けの半導体製造装置や米国向けの自動車部品などが輸出増のけん引役となった。輸出から輸入を引いた1~6月の貿易収支は3半期連続の黒字を確保したが、原油など資源価格の上昇が響き、黒字幅は減少した。

地域別にみると、特に好調だったのがアジア向けだ。輸出額は14.4%前年同期を上回った。あらゆるモノがネットにつながるIoTの広がりのほか、スマートフォン(スマホ)の普及に伴い半導体の需要が拡大。韓国向けなどの半導体製造装置が50.5%増、半導体電子部品が13.4%増とけん引役になった。中国向けは17.7%増となり4期ぶりのプラスで、自動車部品や液晶の輸出が増加した。財務省は「昨年4月の熊本地震による輸出減少の反動が出ている」としており、米国や欧州連合(EU)など主要地域への輸出も軒並み増加に転じている。

米国向けの輸出は、前年同期比2.9%増で3半期ぶりに増加した。自動車や自動車部品などの輸出増が全体を押し上げた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン