/

訪日客消費、4~6月13%増 1兆776億円、四半期で最高

観光庁が19日発表した訪日客の消費動向調査によると、2017年4~6月期の旅行消費額は前年同期比13%増の1兆776億円だった。調査は10年4~6月期から始めているが、四半期ベースで過去最高になった。韓国や香港からの訪日客数が順調に増え、全体の消費額を押し上げた。

欧州の客が長く滞在し支出を増やした(京都市)

国・地域別では、中国の消費額が3682億円、台湾が1536億円、韓国が1177億円、香港が852億円、米国が767億円。上位5カ国・地域で消費額の74%を占めた。費目別をみると、買い物代が4146億円、宿泊料金が2965億円、飲食費が2086億円。1~6月期の上半期ベースでも前年同期比8.6%増の2兆456億円と高い水準だった。

4~6月期の訪日客1人あたりの旅行支出額は14万9248円だった。前年同期に比べて6.7%減ったが、全体の訪日客数増が消費額を下支えした。英国やイタリアなど欧州の人たちが日本に長く滞在して、支出を増やした。

日本政府観光局が同日発表した6月の訪日客数は前年同月比18.2%増の234万6500人。調査対象とするアジアや欧米など20カ国・地域のうち、17カ国で前年同月を上回った。観光庁の田村明比古長官は同日の会見で「客数の伸びが続いている。諸外国を研究し、新しい観光の財源も検討したい」との意向を表明した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン