/

この記事は会員限定です

首相、TPP「最善追求」 参院代表質問

農相献金「違法性ない」

[有料会員限定]

参院は17日午前の本会議で、安倍晋三首相の施政方針演説などに対する各党代表質問を行った。首相は大詰めを迎えた環太平洋経済連携協定(TPP)について「衆参の農林水産委員会の決議をしっかりと受け止め、国会で承認いただけるような内容の協定を早期に妥結できるよう、交渉にあたる」と理解を求めた。西川公也農相が代表を務める自民党支部が国の補助金を受けていた会社から献金を受領した問題に関し、違法性はないとの認識...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り454文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン