4月の街角景気、熊本地震が影 北関東・東海にも波及

2016/5/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

熊本地震が街角景気に影を落としている。内閣府が12日発表した4月の景気ウオッチャー調査は現状と先行きを示す指数がともに前月を下回った。現状判断指数は前月と比べ1.9ポイント低下の43.5。九州、四国で大幅に低下、部品供給の停滞から東海、北関東では自動車などの生産面に影響が出た。九州方面への旅行など消費の自粛ムードも押し下げ要因となった。

「今回の下押し要因は熊本地震」と内閣府は指摘する。街角景気…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]