トップ > 特集 > 空港・コラム > 記事

仙台空港の運営権、東急・前田建設が優先交渉

2015/9/11 15:30
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

国が仙台空港の運営権を売却する民間企業の2次審査で、東京急行電鉄と前田建設工業などで構成する企業連合が優先交渉権を得ることが11日分かった。東急はグループで不動産の開発などを手掛ける総合力が評価された。国が管理する空港の民営化第1号案件である仙台空港は、来年6月末に運営が民間に移管される見通し。運営期間は最長で65年となる。

国土交通省が11日夕にも発表する。三菱地所とANAホールディングスの企…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]