2019年9月15日(日)
トップ > 特集 > 日中 > 記事

「南京大虐殺」記憶遺産に 中国、自説宣伝に利用

2015/10/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【北京=永井央紀】中国は国連教育科学文化機関(ユネスコ)が旧日本軍による南京大虐殺に関する資料を世界記憶遺産へ登録決定したことで、歴史認識をめぐる主張をより強く国際社会にアピールする構えだ。中国外務省は10日、「南京大虐殺は世界人類共同の記憶になるべきだ」との談話を発表した。

中国が提出した資料は南京大虐殺の犠牲者数を「30万人以上」とする南京軍事法廷の記録などを含む。世界記憶遺産は史実を認定す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。