首相、核実験「水爆と考えにくい」 地震規模が過去と大差なく

2016/1/9 3:30
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

北朝鮮が核実験を「水爆」としたことに懐疑的な見方が広がっている。安倍晋三首相は8日「一般的な水爆実験を行ったとは考えにくい。さらに分析する必要がある」と述べた。水爆との発表が疑わしい理由を探った。

Q 日本や米国が「水爆」に懐疑的な根拠は。

A 計測した地震の規模が一般的な水爆実験より小さすぎるからだ。今回はマグニチュード5.0で、北朝鮮の過去3回の原爆実験と比べても「大差ない」(中谷元・防衛相…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]