首相「消費増税延期、適時適切に判断」

2016/4/2付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【ワシントン=坂口幸裕】訪米中の安倍晋三首相は1日夜(日本時間2日朝)、ワシントンで同行記者団と懇談し、2017年4月に予定する消費税率10%への引き上げについて「引き上げを延期するためには法改正が必要になるが、その制約要件の中で適時適切に判断していきたい」と述べた。

消費増税を延期する場合、法改正が必要になることに触れ、国会審議などの時間を考えれば、判断時期が迫っているとの認識をにじませた。5…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]