小池都政

フォローする

都、時差通勤を推進 満員電車解消へ

2017/2/25付
保存
共有
印刷
その他

東京都はラッシュ時の電車の混雑緩和を目指し、国や鉄道会社なども参加する協議会を4月以降に立ち上げる。協議会が旗振り役となり、時差出勤や、オフィス以外で働くことができるテレワークといった取り組みをPRする。今夏には「快適通勤ムーブメント」と呼ぶ国民的運動を始め、鉄道会社には輸送力増強へハード面の整備も働きかける。

大型連休前後に「快適通勤プロモーション協議会」として、PRイベントを開催する。民間企業にも協力を呼びかけ、今夏に早朝出勤やフレックスタイムのモデル事業の実施を検討する。

「混雑している車両をリアルタイムで乗客に知らせる」「信号の時間短縮」といった、混雑緩和のアイデアも官民で出し合う。

小池百合子知事は昨年の都知事選で満員電車の解消を公約していた。24日の記者会見では「満員電車の混雑緩和は社会の生産性向上のための重要な課題」と述べた。環境相時代に提唱した「クールビズ」を引き合いに「上から変わらないと、一斉にしないと、国は変わらない。企業や組織は動かない」と強調した。

小池都政をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ

電子版トップ特集トップ