/

この記事は会員限定です

小池都政への是非 焦点 各党、政策論争目立たず

[有料会員限定]

23日告示―7月2日投開票の東京都議選では、築地市場の豊洲移転計画をはじめとする小池百合子知事の都政への姿勢が焦点になっている。全般的には選挙結果が国政に与える影響などに注目が集まり、都政本来の課題の議論は埋没気味だ。

自民党は市場移転を巡る小池知事の「豊洲移転・築地再開発」の方針を「よく分からない」(下村博文幹事長代行・東京都連会長)と批判。小池都政への反対姿勢を前面に押し出す。環状2号の建設を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り548文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン