/

この記事は会員限定です

五輪準備へ にじむ焦り 小池知事、豊洲対策で臨時会招集

工期や移転日程 綱渡り

[有料会員限定]

東京都の小池百合子知事が豊洲市場の土壌汚染への追加対策を急ぐため、異例の都議会臨時会の招集に踏み切った背景には、2020年五輪の準備への焦りがある。築地市場の跡地を五輪のデポ(輸送拠点)として大会直前までに確実に整備するには、来春に市場を豊洲へ移転することが条件となるからだ。ただ、市場業界は来春移転に難色を示しており、日程調整など乗り越えるハードルは高い。

小池知事は10日の記者会見で「豊洲市場へ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り986文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連キーワード

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン