/

この記事は会員限定です

東芝入札、ファンドに強み 半導体、KKRと革新機構が軸

独禁法制約少なく 同業、WDが認めず

[有料会員限定]

東芝の半導体メモリーの入札手続きに投資ファンド、米コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)と産業革新機構が共同で名乗りをあげる。独占禁止法などの制約が少なく、豊富な資金力を持つことで有望事業を巡る動きは両社を軸に進む見通し。既存応札企業も連携を模索、日米ファンド連合への求心力が高まっている。2次入札締め切りは5月中旬で、各社の思惑が交錯する。

世界最大級の買収ファンドのKKRは3月末に締め切った1次...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り908文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン