/

エアバス、訴訟準備通知 スカイマークの契約巡り

スカイマークは超大型機「A380」の売買契約を巡って欧州エアバスが英国の裁判所に対し訴訟の準備を始めると通知したとの一部報道について「エアバスが通知したのは事実」とのコメントを19日発表した。ただ「あくまで訴訟準備の前段階にあたる手続きであり、この通知が正式な訴訟に発展したことを意味するものではない」としている。

両社は2011年に6機のA380の売買契約を結び、今年10月に1号機が引き渡される予定だった。エアバスは前払い金の支払いが滞ったことを理由に今年7月末にスカイマークに対し契約解除を通知。スカイマークは最大7億ドル(約840億円)の違約金を求められる可能性が出ていた。

スカイマークは今後もエアバスとは問題の解決に向けて話し合いを進める方針だという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン