トップ > 特集 > 三菱・ホンダ > 記事

三菱航空機社長、MRJ 「20年に黒字化」
米飛行試験で100人採用

2015/6/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

国産ジェット旅客機「MRJ」を開発中の三菱航空機(愛知県豊山町)の森本浩通社長=写真=は10日、日本経済新聞社などのインタビューに応じ「2020年に黒字化を目指す」と述べた。米国での飛行試験を着実に進めるため、現地の人材を100人規模で採用する計画も明らかにした。

MRJは今年9~10月に初飛行、17年に初号機を航空会社に引き渡す計画。森本社長は「開発費や(量産のための)初期費用がかかるので厳し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]