/

この記事は会員限定です

大手百貨店4社減収、4月 時計など高額品に陰り

[有料会員限定]

大手百貨店5社が2日発表した4月の売上高(既存店ベース、速報値)は5社中4社が減収だった。衣料品の販売不振が続くなか、時計や宝飾品など高額品の消費にも陰りが広がっている。高額品から化粧品などの消耗品に売れ筋が移っているインバウンド(訪日外国人)の客単価の下落も響いた。

三越伊勢丹は前年同月比4.4%減。主力の婦人衣料が伸び悩んだ。ブラウスやパンツなど一部の商品に動きはあったものの、首都圏の店舗の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り315文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン