/

この記事は会員限定です

アジアニュース 台湾新幹線の車両追加、国際入札も

日本勢、欧州と競争

[有料会員限定]

【台北=伊原健作】台湾高速鉄道(台湾新幹線)を運営する台湾高速鉄路(高鉄)は3日、車両の追加購入に向け、海外勢に広く参加を募る方針を明らかにした。日本の新幹線技術を海外で初めて導入。現行の車両はすべて日本勢が手掛けた。追加納入や更新は数百億~1千億円規模の事業になると期待されてきたが、欧州勢などとの国際入札になる可能性がある。

高鉄によると、海外の車両メーカーに高鉄への車両納入への意向などを問う確...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り463文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン