/

この記事は会員限定です

受動喫煙対策、2段階で 都、来月に基本条例案

罰則付きは来年

[有料会員限定]

2020年東京五輪・パラリンピックに向けた受動喫煙対策について、東京都の対応が「基本条例」と「罰則付き条例」の2段階で実施される見通しになった。小池百合子知事を支持する与党が家庭内の喫煙制限を努力義務とする条例案を9月の都議会に提出し、成立を目指す。小池知事は禁煙対象施設や罰則を定める条例案を来年2月の都議会に提出する方針で、大会開催前年の19年度中に施行させたい考えだ。

国に先んじて受動喫煙対策...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り293文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン