「都の体質浮き彫り」 都議や傍聴人、不満の声

2017/3/19 2:30
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

18日の証人喚問を見守った都議や傍聴人からは「真相究明にはほど遠い」との声が相次いだ。

民進系会派「東京改革議員団」の都議は、元市場長の岡田至氏が「瑕疵担保責任を免除したという認識はない」と証言したことについて「結果として土壌汚染対策費の大部分を都が負担しており、そのような建前は通用しない」と強調。「不明点が多く、今後の証人喚問でも背景を問いたださなければならない」と語った。

共産都議は「(元市…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]