/

この記事は会員限定です

「大阪都」論戦、東京の区長も

「必要な自治権ある」「市の権限奪われる」

[有料会員限定]

大阪市を5つの特別区に分割する「大阪都構想」を巡り、府市再編のモデルとなった東京の特別区長が相次ぎ大阪入りし、賛成、反対それぞれの立場で応援している。

都構想を推進する大阪維新の会(代表・橋下徹大阪市長)は、6日に開いた集会に東京都中野区の田中大輔区長を招いた。田中氏は「東京の特別区が十分でないのは必要な権限がないからだ。都構想は我々の望む権限が盛り込まれている」と評価した。

都構想は、特別区間の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り575文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン