/

この記事は会員限定です

札幌市、医療費高く死亡率高い 喫煙率最悪、リスク高める

がん調査から(1)

[有料会員限定]

日本経済新聞社が全国1741の市区町村について「がん死亡」と「1人当たり医療費」を調べたところ、医療費が高くても死亡率が低い自治体がある一方、逆に医療費も死亡率のいずれも低い自治体があることが分かった。何が違うのか。特徴的な自治体を取り上げ、背景と課題を探る。

JR札幌駅構内の喫煙ブースは紫煙をくゆらす若い男女の姿が目立つ。街中の居酒屋も「全席喫煙OK」がほとんど。中心地の大通公園は一部が喫煙制限...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り882文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン