/

「豊洲移転させない不作為」 石原氏、住民訴訟など検討

東京都の築地市場(中央区)から豊洲市場(江東区)への移転問題を巡り、石原慎太郎元都知事は7日、3日に開いた記者会見の内容の一部を訂正・補足する文書を報道機関に送付した。

その中で移転を延期した小池百合子都知事について「私一人に限っての責任問題は存在せず、小池知事こそ移転させない不作為について責任がある」と指摘。「このまま無策を続けるのであれば法的手続きも検討せざるを得ず、弁護士に準備してもらっている」と住民監査請求や住民訴訟を起こす可能性を示唆した。

これについて小池知事は同日、都庁で記者団に「中身を精査していきたい」と述べた。

文書では、2011年に都と東京ガスが結んだ豊洲の土地売買契約の経緯について補足。土壌汚染が見つかった場合に追加負担を求められる「瑕疵(かし)担保責任」を放棄したことについて、「東京ガスは契約時までに法令に従って必要な土壌汚染対策を実施済みだった。それ以上の安心のための対策は都が相当程度の費用負担をすることになったようだ」とした。

また会見では用地取得交渉にからみ、当時に知事本局長だった前川燿男練馬区長の名前を挙げ「彼が契約まで持っていった」と述べたが、契約時にはすでに退職しており、「誤りだった」と訂正した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン